忍者ブログ
日常生活やスポーツにおける身体の使い方について、いろいろ考えたことを整理してしばらく寝かせておくためのブログです。
[297] [296] [295] [294] [293] [292] [291] [290] [289] [288] [287]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、陸上クラブで4~6年生の子供たちの指導をしていたときに、僕は「大きく強く走ろう」と声をかけた。
自分でもなかなか良い表現だなと思った。

拍手[2回]


練習内容は200mや100mを何本も走るテンポ走。
僕としてはこの記事(http://karadaforsports.blog.shinobi.jp/Entry/185/)で書いたように、テンポよりもリズムといった方がしっくりくるので、その言葉を多用している。

疲れてくると、リズムが小さく弱くなってくる。
子供たちに「タンタンタンタン!と大きく強く走ろう」と言ったら、またがんばって大きな走りに戻った。

僕は最近、細部にこだわることも大切だけど、全体としてどう動いているのかということの方がもっと大切だと考えている。
このブログで何度も書いているが、「速く走るということは、なるべく早くゴールに着くことである」をコンセプトに指導している。
そこで、「前に進めているか」とともに「リズムをコントロールできているか」ということに注目している。
一歩で進める距離を伸ばすこととそれの要する時間を短縮することで早くゴールに着けるのである。
したがって、子供たちにとってリズムをコントロールすることは、「大きく伸び伸びと走る」(http://karadaforsports.blog.shinobi.jp/Entry/290/)こととともに、とても大切な意識だと思うのだ。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mail
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
【このブログについて】
スポーツのパフォーマンス向上や活動的な生活を送ることを目指して、身体の使い方やその関連の事柄を研究します。そして、その過程をブログというメディアに残してゆくことで、何かの足しになればと思っています。

【管理人について】
1971年生まれ 男
元陸上競技400mハードラー

メールはこちら
twa☆s256.xrea.com (☆→@)

詳細はこちら
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[10/06 NONAME]
[09/15 こつ]
[10/04 尾崎 守]
[07/25 表現としての買物]
[05/26 hanauta]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
広告
忍者ブログ [PR]