忍者ブログ
日常生活やスポーツにおける身体の使い方について、いろいろ考えたことを整理してしばらく寝かせておくためのブログです。
[293] [292] [291] [290] [289] [288] [287] [286] [285] [284] [283]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私の周りにはいくつもの小学生の陸上クラブがあって、それぞれが特色を持って活動しており、ブログを覗いたりするだけで楽しい。

拍手[1回]


「質より量はアリか?」というエントリを以前に書いたが、それぞれのクラブで短距離中心・長距離中心という具合に、指導者の考えで分かれているのも興味深い。

ゴールデンエイジには単調な動作の繰り返しよりも、様々な動きを経験させるという考えには賛成だ。
しかし、「スピード」については慎重に考えてみたいと思っている。
神経系が発達する時期だからスピードの向上を、というのは、一見正しそうだが、ちょっと待てよ・・・・とも思う。

スピードは神経系だけでなくパワーも必要だ。
パワーは力×スピードである。
つまり、短時間に大きな力を発揮するということが求められる。
ということは、短距離走は成長期にはあまりオススメできないとされている筋力系の運動なのではないのだろうか。

私が受け持っているキッズ陸上クラブの対象は小学1~3年生。
この考えが正しいかどうかはわからないのだが、私は何かに偏ることなく、いろいろな種目を体験してほしいと思っている。
ただ、週1回1時間の定期練習しかないので、コーディネーショントレーニングのようなものは割愛している。
学校の休み時間に鬼ごっこをして遊んだり、体育の授業でもいろいろやっているようなので、あえて陸上クラブで時間を割く必要はないと判断したからだ。
あくまでも陸上競技に触れるということを中心に活動していきたい。
というわけで、走る距離やスピードの組合せにバリエーションを持たせて、オールラウンドな体作りをするとともに、走る量をこなすことで正しいフォームを身につけることを目指している。
100m・1000m・走り幅跳びの3種目をハイレベルでこなせるオールウンダーになってもらうのが、私の目標である。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mail
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
【このブログについて】
スポーツのパフォーマンス向上や活動的な生活を送ることを目指して、身体の使い方やその関連の事柄を研究します。そして、その過程をブログというメディアに残してゆくことで、何かの足しになればと思っています。

【管理人について】
1971年生まれ 男
元陸上競技400mハードラー

メールはこちら
twa☆s256.xrea.com (☆→@)

詳細はこちら
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[10/06 NONAME]
[09/15 こつ]
[10/04 尾崎 守]
[07/25 表現としての買物]
[05/26 hanauta]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
広告
忍者ブログ [PR]