忍者ブログ
日常生活やスポーツにおける身体の使い方について、いろいろ考えたことを整理してしばらく寝かせておくためのブログです。
[258] [257] [256] [255] [254] [253] [252] [251] [250] [249] [248]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポーツにおいて「気持ちが大事」ということは、異論をはさむ人は少ないと思う。
僕も、異論はない。
しかし、最近違和感を感じるようになった。

拍手[3回]


もちろん、「気持ち」は大切である。
どんなに最新のトレーニング理論も、本人のやる気がなければ意味をなさない。

しかし、指導者が、二言目には「気持ちが大事」というのはどうかと思う。
多くの指導者は、いろいろな練習方法や理論を仕入れてきては、選手の前で得意げに吹聴する。
しかし、選手の「やる気」に関しては本人任せである。
「やる気を出せ」と。

根性論が疑問視されて久しい。
しかし、根性が必要でなくなったかと言えばそうでもない。
根性だけで解決しようという考えはいかがなものか、というだけだ。
ところが最近、新たな根性論が広まってきているように感じる。
いくら最新のトレーニング理論を引っ提げて指導していても、「本人のやる気がないからダメなんだ」ということを言っていては、指導者失格である。
やる気を出せ出せとただ言うだけでは、科学的トレーニングでも何でもない。

指導者の仕事は、選手がやる気になる仕組みを作り、やる気を引き出すことなのだ。
それさえ機能すれば、あとは選手が自分でどんどん育ってゆくのだと思う。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mail
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
【このブログについて】
スポーツのパフォーマンス向上や活動的な生活を送ることを目指して、身体の使い方やその関連の事柄を研究します。そして、その過程をブログというメディアに残してゆくことで、何かの足しになればと思っています。

【管理人について】
1971年生まれ 男
元陸上競技400mハードラー

メールはこちら
twa☆s256.xrea.com (☆→@)

詳細はこちら
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[10/06 NONAME]
[09/15 こつ]
[10/04 尾崎 守]
[07/25 表現としての買物]
[05/26 hanauta]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
広告
忍者ブログ [PR]