忍者ブログ
日常生活やスポーツにおける身体の使い方について、いろいろ考えたことを整理してしばらく寝かせておくためのブログです。
[94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もうちょっとスマートな名前がないか考えてみたのですが、思い浮かばなかったので、そのまんまのネーミングです。

拍手[1回]


文字通り、四肢(両腕・両脚)の動きを同調させてランニングの推進力に変えようというものです。
腕と脚のスイングの反動を感じることを目的としています。

タッターンタッターンタッターンタッターン・・・・・・というスキップのようなリズムで行います。

四肢同調-1四肢同調-2
タッ             ターン

イラストでは接地脚を右脚にしてあります。
「タッ」と右脚を接地し軽くバウンドして右腕左脚を前に振り出す準備をします。
「ターン」で右腕左脚を前に振り出します。その反動を接地脚である右脚で感じます。
その時、右脚は反動を吸収しないようにしっかり地面を押さえますが、蹴ってはいけません。
また、接地するタイミングと腕と脚を振り出すタイミングを合わせます。
腕と脚のスイングで弾んでゆくという感じでしょうか。

このドリルも、ランニングの動きに直結しませんが、脚の接地とスイングのタイミングを覚えるのにとても効果的です。また、地面を蹴ったり押したりせずに、地面から力をもらう感覚を得るのにもよいドリルだと思います。
形だけを真似すると、接地脚で地面をグーンと押してしまいます。
脚と腕のスイングが推進力に変わることを感じることに集中することがポイントだと思います。

ドリルの目的はランニングの動きを体に覚えこませることだと思っていました。
しかし、今は、そうではないかもしれないと考え始めています。
ランニングの要素を取り出し、それを誇張することで、外部から力をもらう感覚を研ぎ澄ますためのものなのではないでしょうか。

関連記事 【スプリントドリルの種類と目的】
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mail
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
【このブログについて】
スポーツのパフォーマンス向上や活動的な生活を送ることを目指して、身体の使い方やその関連の事柄を研究します。そして、その過程をブログというメディアに残してゆくことで、何かの足しになればと思っています。

【管理人について】
1971年生まれ 男
元陸上競技400mハードラー

メールはこちら
twa☆s256.xrea.com (☆→@)

詳細はこちら
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[10/06 NONAME]
[09/15 こつ]
[10/04 尾崎 守]
[07/25 表現としての買物]
[05/26 hanauta]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
広告
忍者ブログ [PR]