忍者ブログ
日常生活やスポーツにおける身体の使い方について、いろいろ考えたことを整理してしばらく寝かせておくためのブログです。
[114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キッズ陸上クラブ」で、子供たちの足を速くするために、いろいろ試しています。
先週のテーマは「極端から極端へ」でした。

拍手[0回]


”良い動き”というのはどういうものでしょう?
私は、「外力(慣性などの物理的な作用)をうまく利用するために、身体の各部位の動きが連動していてかつ連携が取れている動きが良い動きなのだと思います。
どの指導者もどの選手も、自分が考える”良い動き”ができるよう、様々なアプローチ法を日夜研究しています。

では、”悪い動き”は?
「外力の作用を理解しない、力任せの動き」がそうではないでしょうか。

たとえばランニングなら、「蹴る」と「弾む」の違いです。
「蹴る」は”悪い動き”、「弾む」は”良い動き”です。
地面をいくら蹴っても、地面は動きません。動くのは自分の身体です。自分自身が前に弾む感覚がないと速くは走れません。長距離も短距離も根本は一緒だと思います。

で、チビッコたちに”良い動き”をしてもらうためにはどうしたらよいかを考えて、先日試したのが「極端から極端へ」です。
”良い動き”と”悪い動き”は、実は紙一重なのではないかと思ったからです。
”良い動き”をするためには、”悪い動き”をわざとやってみて、「これは走りにくいな」と感じることも大切なのではないでしょうか。
たとえばこんなことをやってみました。
  • 極端に前傾し、地面を後ろに蹴って走る
  • 極端に高く「ももあげ」して走る
  • 極端に大股で走る
  • 極端に小股で走る
こうすることで、動き方に対する感性も磨かれ、自分に合ったフォームを感覚的に見つけられるようになるのではないかと考えています。
先日思いついてやってみたことなので、どんな効果が表れるのかまだわかりませんが、遊び感覚で、時々やっていこうと思います。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mail
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
【このブログについて】
スポーツのパフォーマンス向上や活動的な生活を送ることを目指して、身体の使い方やその関連の事柄を研究します。そして、その過程をブログというメディアに残してゆくことで、何かの足しになればと思っています。

【管理人について】
1971年生まれ 男
元陸上競技400mハードラー

メールはこちら
twa☆s256.xrea.com (☆→@)

詳細はこちら
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[10/06 NONAME]
[09/15 こつ]
[10/04 尾崎 守]
[07/25 表現としての買物]
[05/26 hanauta]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
広告
忍者ブログ [PR]