忍者ブログ
日常生活やスポーツにおける身体の使い方について、いろいろ考えたことを整理してしばらく寝かせておくためのブログです。
[113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

良い習慣・悪い習慣”というエントリで、「自分から何かを吸収しようとしない限り、何も自分のものになりません。」と書きました。
先日、キッズ陸上クラブに指導に行ったとき、こんな子がいました。

拍手[0回]


私の指導する陸上クラブでは、小学1~3年生はキッズ、4年生以上はジュニア、とカテゴリー分けをしています。
小学3年生の女の子が、もっと練習をしたいと言ったので、ジュニアに混じって練習をしてみることになりました。
また小学3年生の男の子も、それを見て、自分もそうしたいと言いました。
二人のお母さんと話す機会があったので、低学年からガンガン走るのはいかがなものか、という私の考えを伝えました。

ここ最近、キッズ陸上クラブの人数が急激に増え、現在は31名のメンバーがいます。
この二人は、人数が増える前から活動しており、待ち時間などが長くなったりして、どうやら、練習内容がもの足りないと感じているようです。

私は、使い過ぎによるスポーツ障害が一番心配なので、 少々物足りないくらいでちょうどいいかな、と思っています。
ですが、自分から「速く走るためにもっと練習したい」という気持ちを持ってくれたことを、とてもうれしく思ってもいます。

結局、1時間の通常活動の後、もう30分間の補助練習を開催することにしました。
対象は、しっかりと練習に取り組める子で、参加は自由としました。
高学年の子たちと一緒の練習では、やはり、本人の身体が心配です。

この子たちの「速くなりたい」という気持ちに応えたいです。
だからと言って、あれもこれも教え込んで、型にはめようというのではありません。
大切なことは、「自ら道筋を探す経験そのもの」なのですから。

彼らが将来、アスリートとしてスポーツに取り組むかはわかりませんが、ウチのクラブで頑張ったことが、彼らの小学生時代の良い思い出になればいいなと思います。

ちょっと大げさかな。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mail
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
【このブログについて】
スポーツのパフォーマンス向上や活動的な生活を送ることを目指して、身体の使い方やその関連の事柄を研究します。そして、その過程をブログというメディアに残してゆくことで、何かの足しになればと思っています。

【管理人について】
1971年生まれ 男
元陸上競技400mハードラー

メールはこちら
twa☆s256.xrea.com (☆→@)

詳細はこちら
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[10/06 NONAME]
[09/15 こつ]
[10/04 尾崎 守]
[07/25 表現としての買物]
[05/26 hanauta]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
広告
忍者ブログ [PR]