忍者ブログ
日常生活やスポーツにおける身体の使い方について、いろいろ考えたことを整理してしばらく寝かせておくためのブログです。
[101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アキレス腱が痛い。学生時代からの持病だ。ここのところ、急激にスピードを上げて走ったことが原因なのだ。

拍手[1回]


もともとマスターズでの現役復帰を目指して、昨年夏から少しずつ走ってはいた。
今年度はマスターズにも登録した。
今年度はとりあえず試合に出ることが目標、のはずだったのだが、後輩の魅惑の一言で無理をしてしまった。

「リレーメンバーが足りないんだけど、出ません?」

舞台は「県選手権大会」。なんと、県下の最高峰の大会なのだ。
3月の時点では、徐々に身体を作っていけばそれなりに走れる、と踏んでいたのだけど、4月のまさかの人事異動で生活リズムが変わり、日数がないのであわててスピードアップを狙ったことで無理がかかったのだろう(県選手権大会はゴールデンウィーク中・・・・・)。

これまで、ドリルなどで無理のない動きづくりを自分なりにやってきたつもりなのだけど、スピードを上げたことで余裕がなくなり、従来の「足先でキックする」癖が出てしまったのか。
また、いくらドリルでいろいろ動きを研究しても、土台ができていない体ではどうしようもないということか。
走ることで身体も出来てくる、と思ってやっていたのだけど、そのバランスが悪かったということは間違いない。

これまで、ドリルでは四肢の同調を意識してきました(スプリントドリル「バウンディング」など・・・)。
しかし、これはより強い力を地面からもらうということは、身体への負担も大きくなるということですね。

ということは、「地面から力をもらう」ことを意識するのはキッズ陸上クラブの子供たちにとっても負担の強いことなのだろうか、と気になってしまいます。

身体が自然に慣れてくるのか、もっと身体が出来てから意識するべきなのか。

僕のアキレス腱はさておき、考えなければならない問題です。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mail
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
【このブログについて】
スポーツのパフォーマンス向上や活動的な生活を送ることを目指して、身体の使い方やその関連の事柄を研究します。そして、その過程をブログというメディアに残してゆくことで、何かの足しになればと思っています。

【管理人について】
1971年生まれ 男
元陸上競技400mハードラー

メールはこちら
twa☆s256.xrea.com (☆→@)

詳細はこちら
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[10/06 NONAME]
[09/15 こつ]
[10/04 尾崎 守]
[07/25 表現としての買物]
[05/26 hanauta]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
広告
忍者ブログ [PR]