忍者ブログ
日常生活やスポーツにおける身体の使い方について、いろいろ考えたことを整理してしばらく寝かせておくためのブログです。
[147] [146] [145] [144] [143] [142] [141] [140] [139] [138] [137]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008.12.09 17:30~19:00
今日の課題は、四肢の同調と止まること でした。参加者18名。

拍手[0回]


1.アップ
ジョッグのあと全員でストレッチ体操

2.手足同調トレーニング
  1. ワニ歩き
  2. カエルとび
  3. M字歩き(足方向に進む)
  4. M字歩き(背中方向に進む)
  5. ヒコーキ腹筋 10秒間(自分でカウント)
上記を1~5の順に3セット。各種目の距離はサイドライン~サイドライン。ヒコーキ腹筋はその場で。
今回も前回同様、ペースや休憩回数は各自にまかせた。

3.ストップのためのゲーム
  • ボール投げだるまさんが転んだ
    1. 私が鬼になり、ゴール下に立ち、子供たちは反対側のエンドラインに並ぶ
    2. 鬼は「だるまさんが転んだ」と言いながらボールを上に投げ、キャッチする
    3. 子どもたちは、ボールが空中にある間だけ進める
    4. 鬼がボールをキャッチした後動いたら負け。エンドラインを通過したら勝ち
    5. 動いたかどうかの判定はNコーチ
  • ボール投げだるまさんが転んだ(ドリブルつき)
    上記と同じルールだが、進む際はドリブルで進む。止まる時はボールもキャッチし、トラベリングをしないようにする。
4.総合ランニングトレーニング
  • ネコとネズミ
5.ハンドリング・ドリブル・2対2・3対3など (Nコーチに交代)

《雑感》
ワニ歩きをやれない(やらない?)子がいた。
深く股関節や膝を曲げるのがつらいのだろうか?
ドリブル練習の際も気になる姿勢の子がいた。
「膝の高さでの低いドリブル」をする時、膝が伸びて腰が曲がっている子がいた。
以前「バスケットボールにおける中腰姿勢の上手or下手」という記事を書いたが、背中を丸めることで、低い姿勢をとろうとしているようだった。
最近入会したばかりの子なので、ドリブルで精いっぱいのようだったし、今日はあえてそのままにしておいたが、少しずつ改善した方がよさそうだ。
「だるまさんが転んだ」では、皆、ピタッと止まる。
ゲーム中にトラベリングを連発している子たちとは思えない。
止まれないのではなく、止ろうとしていないのかな?
それとも、ゲーム中はそれどころではないのだろうか?
結局、前回も書いたが、身体能力は高まっているのだが、それがバスケットボールのプレーとつながっていないのだと思う。
それがうまくかみ合うようになると良いのだが。

 《次回に向けて》
前回にも書いた、「体や心のいろいろなスイッチを入れる」ための課題をまとめ、計画を見直すこと
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mail
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
【このブログについて】
スポーツのパフォーマンス向上や活動的な生活を送ることを目指して、身体の使い方やその関連の事柄を研究します。そして、その過程をブログというメディアに残してゆくことで、何かの足しになればと思っています。

【管理人について】
1971年生まれ 男
元陸上競技400mハードラー

メールはこちら
twa☆s256.xrea.com (☆→@)

詳細はこちら
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/06 NONAME]
[09/15 こつ]
[10/04 尾崎 守]
[07/25 表現としての買物]
[05/26 hanauta]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
広告
忍者ブログ [PR]