忍者ブログ
日常生活やスポーツにおける身体の使い方について、いろいろ考えたことを整理してしばらく寝かせておくためのブログです。
[194] [193] [192] [191] [190] [189] [188] [187] [186] [185] [184]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近はキッズ陸上クラブで、ギャロップを毎回やってもらっています。
以前書いたタッタタッタ・・・・・という2歩のリズムでなく、3歩のリズムです。
タタタッタタタッタタタッタタタッ・・・・・・・という感じです。

拍手[2回]


大きく前に飛び出す際の脚が左右交互になります。
小学生低学年には、ちょっと難しいみたいですが、いったん出来てしまえば何てことはありません。

本来ギャロップで意識したい「挟み込み」動作をするには2歩のリズムがいいのかもしれませんが、この際それは後回しにして、あえて難しい3歩でやっています。
この変則的な動きを通して、リズムをコントロールすることを覚えてくれたらな、と考えているからです。

もちろん「挟み込み」の要素は持たせてあります。
ギャロップの動きは、「イチニッサンッー!で大きく前に跳びだす」と言うようにしてます。
大きく前に跳び出す意識は、「挟み込み」や「四肢の同調」の意識にもつながると思っているからです。

毎回できてもできなくても、しつこく続けていると、だんだんサマになってきます。
ただ、それが実際の走りにつながっているかどうかは、まだはっきりとわかりませんが。

この3歩ギャロップがうまくできない子は、3歩目に大きく前に跳び出した直後の着地脚を1歩目に数えられないのだと思います。
「イチニッサーンイチニッサーン・・・・・」というように「ン」が入ることにより4歩のリズムになってしまうからです。
これに関しては、もう慣れしかありません。
色々なリズムに対応できるように、少しずつ慣れていってくれたらいいなと思っています。

ここでふと思いました。
SCTミニバスケットチームで感じたトラベリングの多さも、これと同じなのではないだろうか。
どこからが1歩目か、ということが、自分の意識の中で曖昧なため、「2歩以上歩いてはいけない」と知識でわかっていても、体をコントロール出来ないのかもしれません。

近々試してみたいと思います。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mail
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
【このブログについて】
スポーツのパフォーマンス向上や活動的な生活を送ることを目指して、身体の使い方やその関連の事柄を研究します。そして、その過程をブログというメディアに残してゆくことで、何かの足しになればと思っています。

【管理人について】
1971年生まれ 男
元陸上競技400mハードラー

メールはこちら
twa☆s256.xrea.com (☆→@)

詳細はこちら
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[10/06 NONAME]
[09/15 こつ]
[10/04 尾崎 守]
[07/25 表現としての買物]
[05/26 hanauta]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
広告
忍者ブログ [PR]