忍者ブログ
日常生活やスポーツにおける身体の使い方について、いろいろ考えたことを整理してしばらく寝かせておくためのブログです。
[191] [190] [189] [188] [187] [186] [185] [184] [183] [182] [181]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009.07.21 17:30~19:00
最近ちょっとダラケ気味で、Yコーチからカミナリが落ちました。
今日の課題は、バランスとスピードとボール扱いの向上 でした。参加者20名。

拍手[0回]


1.アップ
ジョッグのあと全員でストレッチ体操

2.バランストレーニング
  • 3色リングケンケン
  • 上記をドリブルしながら

3.スピード・バランス切り替えトレーニング
  • ダッシュ→3色リングケンケン→ダッシュ
  • 上記をドリブルしながら
4.スピードトレーニング
エンドレスリレー

5.2人組でのパス・シュートの練習など (Y、Nコーチの補助)

《雑感》
ケンケン+ドリブルは、ずいぶん上手になった。他のことを考えながらドリブルをするということに慣れてきたのだろう。
エンドレスリレーは、イズミが目立っている。
バスケットコート内にトラックを作っているので、コーナーがきついのだが、それを高速のまま、オーバーランすることなく駆け抜ける様は圧巻。
スピードスケートのショートトラック種目のようだ。
リョーヤもいい。
あまり足を上げず、「すり足走法」のようにグイグイと前に着実に進む。

Yコーチのカミナリの原因は、2人組パス・シュート練習の取り組み方。
前半にやっているの個々の能力のトレーニングは、ものすごく積極的に取り組んでいるのだが、少し複雑なことをすると、とたんに元気がなくなる。
それは、何をしたらいいかわからないからだ。
なぜわからないかというと、「わかろうとしない」からだ。
コーチの説明や実演をよく見ていない。つまり「わかろう」という姿勢がないのだ。

カネコが開始前、「1対1の勝負をしよう!」と僕に言ってきた。
残念ながら、他の子が自販機の下にお金を落として困っていたのでそれに対応していて対決できなかったが、そういう積極性はあるようだ。
うれしかった。

ただ、味方と連携をとりながらプレーをしようとしなければ、バスケなんてできるはずがない。
そのあたりの成長は、まだまだだなぁ、と感じた。

 《次回に向けて》
ボールを使った、バスケの上達につながる「楽しい」フィジカルトレーニングを研究すること。
バスケを理解し、技術練習の補助もしっかりできるようになりたい。
子供たちと1対1の勝負ができるよう、自分自身もボールに慣れなければ。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mail
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
【このブログについて】
スポーツのパフォーマンス向上や活動的な生活を送ることを目指して、身体の使い方やその関連の事柄を研究します。そして、その過程をブログというメディアに残してゆくことで、何かの足しになればと思っています。

【管理人について】
1971年生まれ 男
元陸上競技400mハードラー

メールはこちら
twa☆s256.xrea.com (☆→@)

詳細はこちら
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[10/06 NONAME]
[09/15 こつ]
[10/04 尾崎 守]
[07/25 表現としての買物]
[05/26 hanauta]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
広告
忍者ブログ [PR]