忍者ブログ
日常生活やスポーツにおける身体の使い方について、いろいろ考えたことを整理してしばらく寝かせておくためのブログです。
[186] [185] [184] [183] [182] [181] [180] [179] [178] [177] [176]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

当たり前だろう・・・・と言われそうですが。

拍手[2回]


走り方教室等に呼ばれて、まず、子供たちに「速く走るコツを知ってる?」と訪ねると、大抵「モモを上げる!」とか「腕を振る!」という答えが返ってきます。
大人たちからも、ほぼ同じ答え。

僕の印象では、どうやらみんな、「良いフォームで走ったら、速く走れる」という考え方をしているようなのだ。
極論を言えば、「良いフォーム」で走った「結果」、「速く走れた」という思考なのだと思う。

ちがうと思います。

速く走るということは、速く前に進むということなのだ。
そのための身体の使い方が「フォーム」なのである。

接地している足(靴)の裏を支点として、身体を前に素早く送る、というイメージをもつと、ずいぶん身体の使い方のポイントが変わってきます。

まず、モモを上げようとしなくなる。
行きたい方向に膝や脚を出すようになります。
腕も同じ。
やたらと振り回すのではなく、脚と腕を同調させて、前へ前へと進もうとするようになります。

キッズ陸上クラブ」では、「前に進む」ことを、理屈ではなく感覚で覚えるため、バウンディングを多用しています。
腕と脚を大きく使って、前へ前へと一歩一歩大きく進め!
と言っています。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mail
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
【このブログについて】
スポーツのパフォーマンス向上や活動的な生活を送ることを目指して、身体の使い方やその関連の事柄を研究します。そして、その過程をブログというメディアに残してゆくことで、何かの足しになればと思っています。

【管理人について】
1971年生まれ 男
元陸上競技400mハードラー

メールはこちら
twa☆s256.xrea.com (☆→@)

詳細はこちら
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/06 NONAME]
[09/15 こつ]
[10/04 尾崎 守]
[07/25 表現としての買物]
[05/26 hanauta]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
広告
忍者ブログ [PR]