忍者ブログ
日常生活やスポーツにおける身体の使い方について、いろいろ考えたことを整理してしばらく寝かせておくためのブログです。
[170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163] [162] [161] [160]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

身体の真下に接地して、ピッピッと地面をはじくように走ると、どうしても「上に抜けた」走りになる。
これを防ぎ、前へ前へと進むためには、脛骨の前傾がキモだと思う。

拍手[2回]


「脛骨の前傾」とは、すなわち、「ひざカックン」のような感じである。

ただし、ひざカックンと違うのは、カックンした膝に合わせて身体ごと前に進むことである。

通常(?)「ひざカックン」されると、倒れないために下腹を突き出し、バランスを保とうとする。
そうではなく、カックンの力を利用して前に進むのだ。

そのために、腕と脚の連動、胴体の前傾が必要になる。

こうすると、アキレス腱に負担がかからず、スムーズに前に進めるような気がする。
ピッチも自然に上がる。

僕のように、体力が落ちているオッサンが走ると「脚がついてこない」と感じるほど、スピードが出てしまう(といっても大したスピードではないけれど・・・・・)。

地面は動かないのだ。
動くのは自分である。

地面を自分の後ろにキックすることはできない。
接地点を起点に自分が前に進むのだ。

このひざカックン走りは、自分が前に進むための身体の使い方である、と思う。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mail
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
【このブログについて】
スポーツのパフォーマンス向上や活動的な生活を送ることを目指して、身体の使い方やその関連の事柄を研究します。そして、その過程をブログというメディアに残してゆくことで、何かの足しになればと思っています。

【管理人について】
1971年生まれ 男
元陸上競技400mハードラー

メールはこちら
twa☆s256.xrea.com (☆→@)

詳細はこちら
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[10/06 NONAME]
[09/15 こつ]
[10/04 尾崎 守]
[07/25 表現としての買物]
[05/26 hanauta]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
広告
忍者ブログ [PR]