忍者ブログ
日常生活やスポーツにおける身体の使い方について、いろいろ考えたことを整理してしばらく寝かせておくためのブログです。
[203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [196] [195] [194] [193]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009.10.13 17:30~19:00
涼しくなって動きやすい季節になりました。子どもたちも楽しそうに来てくれています。
今日の課題は、ボールを使ったトレーニング でした。参加者19名。

拍手[0回]


1.アップ
ジョッグのあと全員でストレッチ体操

2.ボールを使ったトレーニング
  • V字腹筋の姿勢で、膝のまわりをボールを回す
  • V字腹筋の姿勢で、脚の間をボールを8の字に回す
  • ボールを足で挟んで、両脚ジャンプで上に浮かし、両手でキャッチ
  • ボールを足で挟んで、両脚ジャンプで後ろに浮かす
  • 前向きに脚の間から両手でボールを遠くに投げ、ダッシュして追いつく
  • 後ろ向きにボールを遠くに投げ、振り向いてダッシュして追いつく
  • サッカーのスローインのようにボールを遠くに投げ、ダッシュして追いつく
  • チェストパスのように胸の前から脚の力を利用してボールを投げ、ダッシュして追いつく
  • 脚を使って投げることを意識し、ボールをエンドラインからハーフラインを越えるように投げる。
    投げ方は上記のスローイン以外の3通りで
3.変形ダッシュ
  • 後ろ向きうつ伏せから
  • 後ろ向き仰向けから
  • 前向きうつ伏せから
  • 両脚ジャンプ空中つま先タッチ連続3回から
  • エアターン右左各1回から
  • スタンディングスタート姿勢から
4.総合ランニングトレーニング
  • ネコとネズミ ヨコ1回
5.ドリブルなど (Y、Nコーチの補助)
  • ロール
  • 3ポイントライン内でドリブルしながら、他の子のボールを奪う
  • 上記をペイントエリア内で
  • 上記を3人1チームでチーム戦

《雑感》
ボールの奪い合いでは、低学年の子もしっかりボールをガードし、相手とボールの間に自分が入れるように左右のドリブルを駆使していたので、驚いた。
ずいぶんと上達したなぁ、とうれしい。
ただ、逃げるばかりで自分からボールを奪いに行かない子もいるので、自分のボールをキープしつつ、ボールを奪いに「行かざるを得ない」という状況を作り出すのに、もう一工夫が必要だった。

ボール投げは、膝を使ってボールに力を加えるということを繰り返し言ったが、全員がエンドライン~ハーフライン間を飛ばすことができなかった。
体力的な問題よりも、「脚の力を使って投げる」という感覚がつかめないのだろう。
けっこう夢中になってやっていたので、これからもやろうと思う。

《次回に向けて》
バスケの上達につながる「楽しい」フィジカルトレーニングを研究すること。
子供たちと1対1の勝負ができるよう、自分自身もボールに慣れなければ。
自分もボールを触る時間を増やし、子供たちの相手が出来るようになろう。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mail
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
【このブログについて】
スポーツのパフォーマンス向上や活動的な生活を送ることを目指して、身体の使い方やその関連の事柄を研究します。そして、その過程をブログというメディアに残してゆくことで、何かの足しになればと思っています。

【管理人について】
1971年生まれ 男
元陸上競技400mハードラー

メールはこちら
twa☆s256.xrea.com (☆→@)

詳細はこちら
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/06 NONAME]
[09/15 こつ]
[10/04 尾崎 守]
[07/25 表現としての買物]
[05/26 hanauta]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
広告
忍者ブログ [PR]